大腸カメラ | えだがわ胃腸内科

ホーム診療案内 > 大腸カメラ

近年、食事の欧米化や生活の変化から、大腸ガン、ポリープ、憩室などの大腸疾患が増えていますが、中でも大腸ガンが心配とお考えの方が多いと思います。ほとんどの大腸ガンは、一部のポリープからガン化し発生することがわかっています。大腸カメラで大腸ポリープをガン化する前に発見し、切除することにより、大腸がんを予防することができます。もし大腸ガンが見つかったとしても早期であれば、内視鏡切除により治癒が可能です。

当クリニックでは、より多くの方に大腸の病気を予防・早期発見していただくために、安全で確実な診断と治療はもちろんのこと、苦痛の少ない楽な大腸カメラを行っております。

大腸カメラとは、肛門から内視鏡(大腸カメラ)を挿入し、盲腸までのすべての大腸を直接観察する精密な検査です。生検による組織診断や病変の切除などの処置も同時にできます。

当院の大腸内視鏡検査の方法・特徴

苦痛の少ない大腸内視鏡検査を行います。

  1. 患者様の体格に合わせた適量の鎮静剤を使用します。
  2. 当院の大腸内視鏡は、最新式の硬度可変式・高解像度の電子内視鏡を使用します。直径11mm程度と非常に細くやらわかな内視鏡で、必要に応じて内視鏡の硬さを変えることができるため、より挿入がスムースになり、患者さんの苦痛も軽減できます。
  3. 内視鏡用炭酸ガス送気装置を導入大腸カメラのあと「おなかが張って苦しい」という経験をされた方は少なからずいらっしゃると思います。これまで空気で腸を膨らませて観察しましたが、空気よりも約200倍吸収の早い炭酸ガスを使用することで検査後の苦痛が軽減し、さらに安全で楽な検査を提供することが可能になりました。

経験豊富な内視鏡指導医が検査します。

「大腸がんは心配だけど検査は苦しいと聞いているので…」と、躊躇される方がいます。安全で苦痛の少ない検査のため、当院では 経験豊富な内視鏡専門医と、ベテランスタッフが検査にあたりますのでご安心ください。

日帰り大腸ポリープ手術を行なっています。

当院では、ポリープはもちろん、早期がんの多くも、可能な限り見つかれば検査と同時に切除します。内視鏡で、大きくなる前のポリープを切除することで、がんを予防することになります。検査と治療が一度に済むため、身体への負担も少なく済みます。しかし、大きくなったポリープは同時に切除することは無理ですので、大きなポリープについては改めて治療方針を相談いたします。

内視鏡検査の際に、もし治療の必要なポリープがあればその場で切除いたします。

  1割負担 3割負担
大腸内視鏡(観察のみ) 2,500円前後 7,000円前後
大腸内視鏡+病理組織検査 3,500円前後 10,000円前後
大腸内視鏡ポリープ手術(1カ所) 7,000円前後 20,000円前後
大腸内視鏡ポリープ手術(2カ所) 8,000円前後 24,000円前後
大腸内視鏡ポリープ手術(3カ所以上) 9,000円前後 27,000円前後

診療時間

時間帯
午前の一般診療
9:00~12:00
午後の一般診療
16:00~18:00
胃カメラ検査
9:00~12:00
大腸カメラ検査
13:30~16:00

:診療 :休診(日祝は休診)

地図・アクセス

診療情報提供書

問診票

DDまっぷシンプルページリンク